月霜の樹林

La bave du crapaud n'atteint pas la blanche colombe...

【返信】拍手お返事(2013年5月分)  

 頂いた拍手メッセージへのお返事です。
 
▽5月7日
 此方こそ、半ば『やるやる詐欺』の様になってしまってしまい心苦しい限りです。漸くスタートラインに立ったばかりですが、長い目で見守って頂ければ幸いです。
 

▽5月13日
 ご質問の件ですが、当方の手元にある資料に基づいて説明させて頂きます。

・聖央修道院・
 如月真問、書類の谷両氏が中心となって作り上げた独特の世界観『DOLL』に登場する聖北教会の関連団体の一つ。御堂騎士団と密接な関連があるとされており、この組織名が出て来るのは『御堂騎士団』に関する項目のみです。
 詳細は不明(と言うよりDOLL内でのみの言及)ですが、モデルとしてはテンプル騎士団の母体となったシトー会(我が国では北海道のトラピスト修道院が有名です)、或いはバチカン市国にある法王庁直属の学院(一例:グレゴリアン大学)辺りが考えられます。

 ※DOLL資料入手先:Cardwirth Scenario Writer's Community
 ※21:54:如月氏の名前に表記ミスがありましたので修正しました。m(_ _)m


・ルール教団・
 タチモリ氏が1999年7月に初版公開した街シナリオ『夜の交易都市』(現在は遺失。筆者の手元にあるのは2002年3月のver2.20)に登場するカルト教団です。
 教祖はサナンド・ムーン、司祭(護衛)はマークと言う人物です。作中では教義についての詳細は語られておらず、教祖サナンドが居る神殿の奥に謎めいた声が聴こえる洞窟と地下への不気味な階段のみが登場します(どちらも立入禁止)。
 表通りの支部『ルール教会』では聖北教会のそれを模倣した法術が、教祖が居る裏通りの『ルール神殿』ではガラクタ同然の高額アイテムが各々販売されています。
 なおルール教団は『盗賊ギルド』及び死霊術師団体『亡者の主』とは不仲(教祖サナンドがアンデッド嫌い)な為、冒険者達の中にどちらかの団体に所属しているPCが居ると場合によっては建物から追い出されてしまいます。
 逆にルール教団に入信したPCが居る場合は『盗賊ギルド』の団長への面会が出来ず、『亡者の主』では全員門前払いになります。
 他ユーザの作品とのクロスオーバーも幾つかあり、一例として『闘技都市ヴァンドール』(レイ氏・遺失)には教祖自らがトーナメントに出場する一幕があります。また最近の作品ですと『リューン枯れ葉通り』(小柴氏)の夜間散策イベントで登場する『廃教会』で言及されています。

 なお詳細は何れ、Category【書庫】にて改めて取り上げたいと思います。ご了承下さい。

▽5月16日
 ご訪問有難う御座います。リプレイ本編、連載完結お疲れ様でした。
 当方の企画は言わば『邪道』と言うかイロモノですので、肩肘張らずに行き当たりばったりの進行になるかと思います。冒険者となる理由にしても最初から『お家再興』と着地点を決めており、それ故ぎりぎり『民間人』に戻れる上限としてLv.6を設定致しました(Lv.7を超えると通常の生活には戻りにくくなるかと)。…まあ世間にはトレーに載せたカップの紅茶を零さずに古竜退治をしたり、鋼のワイヤーでお化けの軍団を殲滅する執事さんもいらっしゃるそうですケド(^◇^;)

 閑話休題。
 このレベル上限で10万spを貯金するとなると、プレイヤとしても財テク方法を色々と考えなくてはなりませんが、レベルに関係無しの交易シナリオやお小遣い稼ぎシナリオでちまちま貯めて行きたいと存じます。

category: *Answer*

tb: --   cm: --